前へ
次へ

教育上絵本の読み聞かせは何歳ぐらいまでか

絵本の読み聞かせ自体は妊娠中から行うときもあります。
もちろん子供に言葉がはっきり聞こえるわけではなく内容などもわからないでしょう。
でもお母さんが話す声のリズムを安心できる音として認識しています。
生まれて来てからあやすことがあるでしょうが、声だけで泣きやませられるかもしれません。
その後実際に絵本の内容を理解できたり、さらに文字を読めるようになるときもあります。
もっと興味を持つと自分で取り出して自分でページをめくりながら読むときもあります。
ここまで読めるようになったら読み聞かせは必要なくなるように感じますが、教育の意味合いからするともう少し続けた方がいいかも知れません。
絵本を読むときの子供の印象として、自分で読み進めるとの親に読み聞かせしてもらうのとで違いがあるとされます。
自分で読めるようになっても、親の声を聞いて安心感を得たい気持ちも持っているようです。
小学校に行くぐらいまでは子供から読んでほしいと言ってくるなら対応してあげると良いでしょう。

Page Top