前へ
次へ

子供の表情を見ながら絵本の読み聞かせをする

最初に絵本を子供に読み聞かせしようとするときがあるでしょうが、あまり興味を示さずにすぐに別のことをしようとするかもしれません。
その時に無理やり聞かせようとしてもあまり意味がありません。
子供の教育においてはある程度子供の興味に合わせて行うのが良いと言えるでしょう。
夜に寝るときに絵本を使って眠りを誘うときがあります。
寝るときは比較的リラックスした状態なので、大人しく聞いてくれる時もあります。
絵本は一度読んだら終わりではなく、何度読んでも子供は喜びます。
そのたびごとに子供の反応を見ながら読むようにしましょう。
基本的には文字はそのまま読むのが良いのでしょうが、必要に応じていろいろな音を加えるといい時もあります。
子供が真剣に聞いているようであれば、より内容に入り込むように読んであげると子供の集中力アップにもつながるかもしれません。
読むときのスピードも極力子供に合わせてあげるように心がけると良いでしょう。

Page Top