前へ
次へ

中学校から高校までの教育を考えてみましょう

中学校から高校までの教育として、高校受験をするかエスカレーター式であるかによって分かれます。
前者は、中学校3年生の段階で高校受験の為の勉強を勤しむ必要があり、その期間は思いっきり羽を伸ばすことは難しくなります。
一方で校舎のエスカレーター式では、高校にそのまま進級することが可能なので、友達付き合いを大切にしながら過ごすことが出来ます。
それぞれに一長一短はありますが、学校を選ぶ際にはこの点においてはよく確認することが重要です。
そして次に、中学校で学習した事項はそのまま高校への基礎として非常に大事になります。
例として、数学や英語は最初の段階からしっかりと理解して頭に定着させることで、新しい事項を学んだ際にもスムーズに対応することが出来ます。
さらに、復習の時間も基礎が分かっていればそれほど大掛かりになることは無いと言えます。
高校に進学する前に、中学校で習った学習事項を丁寧に確認することが必要です。

Page Top